お知らせ

≪Yamaha≫カラーリング設定およびグラフィックを変更 「ビーノ XC50D」2016年モデルを発売

vino_main-002

   「ビーノ XC50D」(Vino Boy)

vino_main-001

   「ビーノ XC50D」(Vino Girl)

 

ヤマハ発動機株式会社は、レトロポップなスタイルで人気の原付一種スクーター「ビーノ XC50D」のカラーリング設定、およびグラフィックを変更した2016年モデルを2016年2月15日より発売します。

 「ビーノ XC50D」は、女の子らしい色あいを好むお客さま向けの≪Vino Girl≫と、ボーイッシュでアクティブ嗜好のお客さま向けの≪Vino Boy≫の2つのスタイルを設定しています。またメーターは、レトロ感と新しさが調和するVinoロゴをあしらった新デザインとしました。
 なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。

 

メーカー希望小売価格
「ビーノ XC50D」 204,120円

(本体価格189,000円/消費税15,120円)

メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。

 

名称 「ビーノ XC50D」
カラーリング 【Vino Girl】
■マットダークグレーメタリック1(マットグレー/ベージュ)
■パープリッシュレッドメタリック5(ピンク/ベージュ)
■ダークレディッシュグレーメタリック2(ダークブラウン)
■ダークグレーイッシュブルーメタリックA(ブルー/ベージュ)
【Vino Boy】
■ブラックメタリックX(ブラック/ブルー)
■ホワイトメタリック1(ホワイト/ブラック)
発売日 2016年2月15日
販売計画 10,000台(年間/国内)

 

«お知らせ一覧へ